キャッシングに不安がある人

カードさえ作っておけば、銀行からお金を降ろすようにいつでもお金を引き出すことができます。但し、キャッシングカードを作るには審査に通らなければいけません。収入の低い人やアルバイト・派遣社員などの安定した職に就いていない人、専業主婦といった人たちは審査に通るか不安が大きいかもしれません。一度審査に落ちている人や過去に自己破産や債務整理を経験している人に至っては、キャッシングする前から諦めてしまっているかもしれません。しかし、そんな人たちでもキャッシングの審査に通る可能性は十分にあります。このサイトでは、上記で挙げたような人たちに向けて、どのようにすればキャッシングの審査に通るのか紹介していきます。

そもそもキャッシングの審査とは?

キャッシングの審査

キャッシングを利用しようとしている人たちに対して行われるもので、具体的にはその人の「返済能力の有無」を確認します。お金を貸す側の立場になって考えてみれば、回収できるかどうかが関わるので非常に重要なことです。

キャッシング審査の内容

キャッシングの審査では主に、「2種類の審査」と「書類確認・在籍確認」から成り立ちます。年齢・収入・勤務先・家族構成などが問われる「属性審査」、過去に利用したローンやクレジットカードの履歴に関する「信用審査」の他に、本人確認の書類の提出や勤務先に電話をかけてその人が本当に在籍しているかなどが確認されます。この審査に通ることで初めてキャッシングを利用することができます。

年収100万円でもお金が借りられる?

収入が低いとお金を借りることができない、というのは間違い

確かに収入が高いと審査で有利にはなりますが、収入が低くてもお金を借りることは可能です。キャッシングを利用する会社によっても異なりますが、30万円を借りたい場合には年収が100万円あれば十分というケースも実際にあります。また、収入を証明する書類、給与明細書や源泉徴収票などは必ずしも必要というわけではありません。大抵の場合、50万円以下の少額希望のときには収入を証明する書類は必要ありません。

お金を借りられる限度額は
自分の年収の3分の1

増額を希望する場合は、消費者金融に限り「お金を借りられる限度額は自分の年収の3分の1」という法律があるので、覚えておきましょう。つまり、年収が300万の人は100万円以下、400万の人は約130万円以下の限度額であれば法律上は借りられることができます。銀行はこの法律の対象外です。審査に落ちてしまうケースでよくあるのが、希望する額に対して返済能力、つまり年収が不足している場合ですので、限度額をよく吟味してから審査を行いましょう。

  • 年収が低い人でもキャッシングは利用できる
  • 少額であれば収入を証明する書類はいらない
  • 希望する額は返済能力に見合うように(法律で定められる基準は年収の3分の1以下)

アルバイト・派遣社員が審査で守るべき4つのポイント

アルバイトをしている大学生や安定した収入が見込めない派遣社員でも、予想外の出費によって急にまとまったお金が欲しくなったという事態はよくあることです。そんなときでもキャッシングの利用は可能ですが、審査を受ける前に守るべき4つのポイントがあります。

1.勤続年数は1年以上

アルバイトでも派遣社員でも、勤続年数は1年以上であることが望ましいです。勤続年数が少ないと、審査の時に「この人はすぐ仕事を辞めてしまうのでは?」という不信感を与えてしまう可能性があります。このポイントは返済能力に大きく関わるので審査の際にはクリアしておきたいところです。

2.公的な身分証明書を用意

健康保険証や自動車運転免許、パスポートなど公的な身分証明書を用意しておくことも重要です。また、審査では健康保険の種類がとても重視されるので、社会保険または組合保険に加入しているとポイントが高いです。評価が高いのは共済保険、組合保険、社会保険と言われています。どうしても上記の身分証明書を揃えられない場合には、住民基本台帳カードを用意しましょう。発行手数料は500円かかりますが、市役所で簡単に手に入れることができます。

3.過去の返済に遅れや滞納がない

過去にローンやクレジットカードの返済に遅れがあると信用情報が悪いと判断されてしまいます。逆にそういったことがなければ審査を通過する可能性が高くなります。また、過去にお金を借りた経験があり、滞納の記録がなければ高く評価されます。

4.限度額は10万~30万円

アルバイトや派遣社員がキャッシング利用の審査を受けるとき、あまりにも高い限度額を記入してしまうと審査に落ちてしまう可能性が高いです。限度額は10万~30万円が目安と言われているので、審査の際の参考にしてみてください。

  • アルバイトや派遣社員でもキャッシングは利用可
  • 審査に受かるには以下の4つのポイントがある
    ①1年以上の勤続年数
    ②公的な身分証明書と社会保険
    ③過去の返済に遅れや滞納がない
    ④少額の限度額

収入0円の専業主婦でも
夫に収入があればお金を借りられる?

全く収入のない専業主婦でも銀行のカードローンであればお金を借りることは可能です。しかし、いくつか条件があります。

まず、夫に安定した収入があること。返済能力に大きく関わることなので、これをクリアしていないとお金を借りることはできません。

次に、限度額は夫婦の年収の3分の1であること。それ以上の限度額でキャッシングを利用することはできません。

パートなどで収入のある兼業主婦の場合は、夫の収入に関係なくお金を借りることは可能です。しかし、審査に通るかどうかは別の話になります。毎月の安定した収入や返済能力の証明ができればキャッシングの利用が可能になります。

審査が最も通りやすいお金の利用目的は「医療関連」です。身内が怪我や病気で困っているという場合は、審査に通りやすいです。逆に、生活費が足りないなどという場合は審査に通りにくいです。生活費は毎月かかるものなので、本当に返してもらえるのか不審に思われてしまいます。

  • 夫婦の年収の3分の1であれば、専業主婦でもお金を借りられる
  • 主婦でも収入があれば、夫の許可なくキャッシングの利用が可能
  • 医療目的だと審査に通りやすい

一度審査に落ちてしまっても
対処法が分かっていればチャンスはある

キャッシングの審査に一度落ちた人でも、審査に通る可能性は十分にあります。しかし、再審査を行う前に、なぜ落ちたのか理由を見つめなおしてみましょう。

審査に落ちた原因 詳細 対処法
限度額の超過 限度額が年収の3分の1を超えていると、お金を借りることはできません。安定した収入がない場合は、50万円以下程度の少額でしか借りられない場合もあります。 自分に見合った限度額を設定しましょう。
多数の業者からの借入 3社~4社以上の消費者金融うや銀行からお金を借りていると審査に落ちる可能性が高くなります。 借入を一つの業者にまとめるなどして、借入先を減らしましょう。落ちることを見越して、何社も同時に申し込むことはやめましょう。
勤続年数 仕事を始めてからの年月が浅いと、その分返済能力に対する信用は低くなります。 仕事を始めてから最低1年は待ってから、もう一度審査をしてみましょう。
再審査の頻度 審査に落ちてから間を開けずに何度も申し込むと、審査に通りづらくなると言われています。 違う業者を利用したとしても、半年間の履歴は登録されてしまっています。キャッシングの再審査は半年以上の間隔をあけるようにしましょう。
支払いの遅延・ 滞納 支払い期限が過ぎた借入金を滞納していたり、支払いに遅延したりしてしまうと記録に残ってしまいます。 きちんと支払いを完了してから3ヶ月の期間をあけて、そのあとに再審査をしてみましょう。

上の表を確認して、自分がなぜ審査に落ちてしまったのか把握することが、次回の審査で成功するカギになるでしょう。

  • 一度審査に落ちてしまってもキャッシングを利用することは可能
  • なぜ審査に落ちてしまったのか理由を把握することが重要

キャッシング審査は
誰にでも受かる可能性がある

お金を借りたい人にとって非常に便利なキャッシングですが、審査に通らなければ借りることはできません。このページでは、そんなキャッシングの審査に不安を抱えている人にとって有益な情報を紹介してきました。年収が低め、もしくは安定しない人、収入がない専業主婦、一度審査に落ちてしまった人でも、絶対とは言い切れませんが、キャッシングの審査に通る可能性はあります。審査に落ちないためにも、しっかりと予習してから審査に臨むことが重要です。

TOPへ